2つの顔を見せる街

渋谷は高低差がある土地である。
このため、繁華街という側面もあれば、松濤などの高級住宅街が広がる二つの顔を持っている。
これは、この地域の懐の深さを表すものでもある。
渋谷は多くの人が集まり、そして去っていく場所でもあるが、そこを楽しむための方法は様々ある。
若者が集まる場所でもあれば、東京を遊び慣れた大人も十分楽しむことのできる場所でもある。

この深さは、渋谷の風俗の多さが表現しているともいえる。
この地域には、夜遊びができる飲み屋街やライブハウスが集まっており、その周辺に風俗街も形成されている。
早い時間ではその地域で遊び、夜遅くなればそうした風俗街を利用し、夜を満喫することができる。
新宿などは眠らない街ともいわれているが、この地域もなかなかその不夜城の雰囲気がある。

なぜ渋谷は若者が集まる地域となったのかというと、高低差が低い地域に商業施設が集まったことが大きい。
低く、平らな平地は、土地の値段も安いため、広い敷地を作ることができた。
このため、路線も作ることが出来、周辺には鉄道会社が経営する商業施設が多く林立したのである。
そして安い服や商品を提供する店が多くなり、自然と若者が多くなり始めていった。
それが、若者が好むファッションを作る人々がこの地に集まり、最新の情報発信地として発展していったのである。

若者の街、ということなので、風俗に働く人も年齢層が若めの女性が多い。
しかも、渋谷の風俗店は、容姿のレベルも芸能人のようにレベルが高い女性が多いので、容姿にこだわりたい人には最適である。